シュミシュミット通信

ガジェット系(スマホ、パソコン、イヤホンなどなど)

iPhone14Proではなく14Pro Maxを買うべき5個の理由

はじめに

ProとProMax、画面サイズしか違わないと思いきや、実際に使う上で致命的にもなりうる違いがいくつかあります。

今回はそうした実使用上での違いについてまとめていきます。

 

この記事はMax TechというYouTuberの動画を参考に設計しております。

MaxTechではアメリカモデルのiPhoneを使って検証しているため、日本モデルと若干の違いがあるかもしれません。ご注意ください。

MaxTechの動画は全編英語で日本語字幕などもありませんが、興味がある方は是非。

 

 

14ProMaxにすべき理由

その1:スピーカー品質が良い

上で紹介している動画でも、それぞれで同じ曲を流して音質を比較出来る場面があります。

その場面で聞き比べをしてみると、ProMaxの方が低音の沈み込みが深く、より臨場感のある音になっていることが分かります。

 

その2:動画視聴時にダイナミックアイランドが邪魔になりにくい

今年のProモデルからは、今までのインカメラの切り欠きが無くなり、ダイナミックアイランド(インカメラの穴)に置き換わりました。

その影響で、画面の縦方向の表示領域が小さくなっています。

YouTubeにも少し横長の動画などがありますが、縦横比率によってはダイナミックアイランドに被ることがあるのです。

 

ProMaxとProでダイナミックアイランドの大きさ自体は同じなので、画面サイズが大きいProMaxの方がダイナミックアイランドによる邪魔感が少ないと言えます。

 

その3:通信速度が早い

MaxTechの動画では、ProMaxの方が2%~5%程度、通信速度が速いという結果になっていました。

あくまで誤差の範囲かもしれませし、通信会社や通信環境によっても変化するとは想います。しかし、5G、LTE、4Gの全てで同様の結果が得られているようなので、注目に値します。

 

その4:発熱に強い

iPhone14シリーズから発熱対策として、本体内部に熱を逃がすシートが多く配置されています。このシートによって、iPhoneのチップから出た熱が本体のバックパネル全面に広がる仕組みです。

つまり、バックパネルの大きさが大きいほど熱が広がりやすいので、より発熱に耐えやすいということになります。

 

MaxTechの検証でも実際にProMaxの方が熱に強いことが判明しており、iPhoneに負荷をかけるようなベンチマークソフトを走らせると、通常のProモデルの方が早く発熱の影響が出て、画面が暗くなるという機能制限がかかっています。

実際の使用を考えると、直射日光下などは本体が熱くなり易いので、発熱に強い方がより快適に使えます。

 

その5:バッテリー持ちが良い

通常のProモデルのバッテリー容量は3200mAhなのに対して、ProMaxは4323mAhのバッテリーを搭載しています。

4000mAh越えはAndroidと比較しても遜色なく、元々電池持ちに優れたiOSと組み合わせることで、バッテリー面での優位性はスペックからも分かる様になっています。

 

加えて、今回の14Proシリーズからは画面の最大輝度が13シリーズから2倍の2000nitに対応していたり、画面が完全にオフにならない常時点灯機能がついていたりと、バッテリー消費が多くなる便利機能が追加されています。

こうした便利機能は、YouTubeの動画でよくあるようなバッテリーテストには反映されにくいため、実際に使うと思ったより電池が持たないということが発生します。

 

私の場合、11ProMaxから14ProMaxに買い換えましたが、いわゆるバッテリーテストの動画などでは14ProMaxの方が圧勝であるにもかかわらず、実際に使う上では11ProMaxの方が電池持ちが良かったと感じることが多いです。

 

14Proを使う海外のレビュアーの中には、電池持ちが悪いため常時表示機能をオフにした人もいました。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は5つの点から14ProMaxと14Proを比較して、どっちが良いかを述べてきました。

 

もちろん14ProMaxにも弱点はあり、

・手が小さい人には使いづらい

・本体の重量が重い

などに我慢できるかどうかは人それぞれだと思います。

 

ただ、少なくとも私は14ProMaxを買って満足していますし、特にバッテリー持ちに関しては、これより悪いと使いづらいだろうなと感じているため、ProMaxを選んで正解だったと思っています。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

 

 

【iPhone14 Pro Max】常時表示ディスプレイのバッテリー消費を検証した

はじめに

今回発売されたiPhone14 Proシリーズ。

様々な新機能や機能向上がありますが、その中でも「常時表示ディスプレイ(Always onディスプレイ)」は目玉の1つです。

今までもAndroidスマホでは常時表示機能が既に搭載されているものが多かったのですが、iPhoneでは更にパワーアップして登場しました。

 

従来のAndroidスマホの常時表示は真っ暗な背景に時計といくつかのウィジェットが浮かぶだけで、アナログ時計のような見た目でした。一方でiPhoneに新しく搭載された常時表示では、ロック画面がそのまま暗くなったデザインで遠目では画面が普通についているように見えます。

 

見た目としては非常に美しいですが、そうなると気になってくるのがバッテリー消費です。

暗いとは言え画面が普通についているわけですから、当然消灯状態よりはバッテリーを消費すると思いますし、従来のAndrloidスマホのような黒背景の常時表示状態よりもバッテリー消費が多いと予想出来ます。

 

では、実際に使っていくとどれくらいのバッテリー消費なのか。検証しました。

 

常時表示ディスプレイのバッテリー消費

 

下に私のiPhone14 Pro Maxのバッテリー消費表示のスクリーンショットを載せておきます。

 

 

とある日のバッテリー消費

 

スクリーンショットに映っている15時~16時はiPhoneをほとんど触りませんでした。

Googleカレンダーを1分ほど見て予定をチェックしたのと、Yahoo天気アプリを開いて30秒ほど天気を確認しただけです。

そのため、ほぼ1時間全て常時表示状態でした。

 

その上で、それぞれのバッテリー使用状況を見てみると、常時表示ディスプレイのバッテリー消費に該当する「ホームおよびロック画面」は接触通知(厚労省のコロナ用アプリ「cocoa」です)よりもわずかにバッテリーを使っている程度だとわかります。

 

また、このスクリーンショットからは常時表示中のバッテリーの使用先が画面だけではなくて、ロック画面に表示しているウィジェット関連もあることがわかります。

スクリーンショットにある「天気(ウィジェット)」は恐らくロック画面のウィジェットのバッテリー消費を表していると思われます。

 

今まで見ていた項目である「ホームおよびロック画面」のバッテリー消費を合わせると24%程度となります。

1時間のバッテリー消費のうちの24%を常時表示が占めていると聞くとバッテリー持ちへの影響が大きいと思ってしまいますが、それでも1分程度見ただけのGoogleカレンダーの70%程度の消費量です。

これは単純計算するとGoogleカレンダーを42秒程度見たときと同じ消費量となります。

意外とバッテリー消費に影響しませんね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は私のiPhone14Pro Maxを使って常時表示中のバッテリー消費を見てみました。

バッテリー消費は端末(ProかPro Maxかなど)や、入れているアプリ(裏で沢山アプリが動いていたり、音楽を再生していたらバッテリー表示が増えます)によっても変わります。

 

今回の検証では動画や音楽を流すこと無く単純に常時表示させていただけなので、今回の結果は一番バッテリー消費が少ないケースだと考えて頂ければ正しい認識となるかと思います。

私個人としては、バッテリー容量が大きいProMaxであれば特に気にすること無く常時表示機能を使って良さそうだと感じました。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

【iPhone14 Pro】動画撮影で勝手にマクロにならないようにする方法

はじめに

iPhone14 Proは様々な点で進化した端末ですが、カメラについてもかなり進化しましたね。

センサーサイズが65%大きくなったため、自然な背景ボケもしてくれるなど本格的なカメラに一歩近づいた印象です。

かくいう私もiPhone14 Pro Maxを購入して使っています。

 

しかし、新しいiPhoneで撮影をしている際にあることに気づいてしまいました。

 

「1倍レンズで全然寄れない」

 

そうなんです。

普段なら何気なく撮れる距離なのに急にマクロ撮影になってしまいます。

簡単に距離を測ったところ、大体対象から18cm程度の距離でマクロが起動します。

 

静止画撮影(写真撮影)であればマクロ撮影コントロールをオンにすることで強制的に1倍に出来ますが、動画だとそうはいきません。

私も実際に動画を撮影していましたが、勝手にマクロ撮影に切り替わるせいで動画が不自然になってしまいました。

特に、今回の1倍レンズは背景ボケをしてくれるのでマクロ撮影の0.5倍に切り替わるとボケがなくなり違和感が増します。

 

いずれアップデートで切り替わる際のUI / UXが改善されると思いますが、今回は臨時的な措置として動画撮影中にマクロ撮影が勝手に起動しないようにする方法をシェアします。

 

動画撮影でマクロにならないようにする方法、1倍レンズに戻す方法

マクロにならないようにする方法

動画撮影でマクロにならないようにするには現状、

「近くの物にピントを合わせない(タップしない)」

という方法しか見つけられませんでした。

 

対象物にどれだけ近づいても、対象をタップしてピントを合わせようとしなければマクロに切り替わりませんでした。

 

1倍レンズに戻す方法

1倍に戻すときは遠くの対象をタップすれば良い、かと思いましたが、それではうまくいきませんでした。。

私の場合は「1回 0.5倍にしてから1倍にすると1倍レンズに戻ります」

 

まとめ

「それじゃあ根本的な解決にならないだろ」

というのはその通りです。

そもそも、1倍レンズが全然寄れなくなっているので、マクロにならないようにした段階で近くでは撮れなくなります。

試しにざっとピントが合う距離を測ってみたところ、前使っていた機種である11 Pro Maxでは対象物から7cm程度でピントが合わなくなったのに対して、14 Pro Maxは15cm程度からピントが合わなくなります。

これでは物を大きく撮るときには使えませんね。

 

現実的な解決策としては

  • おとなしくマクロ撮影を使う
  • 少し引いて2倍撮影する

この2つだと思います。

特に2倍撮影についてはAppleも発表会で推していた印象が残っているので、高画質でアップで撮りたいときは2倍を使った方が良さそうです。

 

動画については、対象に寄って撮ることが想定できる際は最初から2倍にしておくと違和感が少なくなると思います。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか。

センサーサイズが大きくなったのは良いことなのですが、寄りで撮れなくなったのはiPhone購入前に想定していなかった誤算でした。

ハードウェアの問題なので、ソフトでの解決はなかなか難しそうな気がします。

しかし、一応マクロ撮影や2倍撮影などの解決策はあるので、これらを駆使するか先進的なアプリの登場を待つしかないですね。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

Apple Watchの低電力モードの実力を見る

はじめに

今回のWatchOS9のアップデートで新たに「低電力モード」が追加されましたね。

 

今までのモードではタップしてアナログ時計が表示されるくらいの機能しか使えなくなるモードで通知や心拍数測定などのAppleWatchを着けるメリットが全て使えなくなるモードでした。

しかし、今回登場した低電力モードでは通知や心拍数などの基本的な機能はそのままに、常時表示やワークアウト自動検出などの副次機能がオフになるという賢いものとなっています。

 

基本機能はそのままなのであまりバッテリー持ちも変わらないかと思いきや、Series8の紹介ページには「最大36時間使える」という記述が。

Apple公式ページの該当部

 

私が持っているSeries7はSeries8とほとんど同じなので恐らく36時間程度使えるようになるとは思いますが、実際に自分で試してみないと万が一のときに心許ないのも事実。

今回は朝の段階でバッテリー残量がたまたま少ない日があったため、半日程度低電力モードで過ごしてみました。

どれだけバッテリー寿命が延びるのか見ていきましょう。

 

環境

  • AppleWatch Series7
  • 「輪郭」ウォッチフェイス
  • Assistive Touchオン
  • 2時間半ほど外出 (ワークアウトは使わず)
  • メール、LINE、Teamsなどの通知がしばしば来る

Apple Watch Series 8(GPSモデル)- 45mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド - レギュラー

新品価格
¥64,800から
(2022/9/19 16:53時点)

 

結果

結果としては以下のようになりました。

  • 10:30時点で35%程度
  • 16:30時点で15%程度

 

大体、6時間で20%の減りということになります。

単純計算で、徹夜で30時間は活動出来るようになったということですね。

 

私の場合、普段は通知などが全く来なくなる「睡眠モード」を6時間前後オンにしているのを含めて24時間+α 程度もっているため、低電力モードと睡眠モードを組み合わせれば30時間以上使えるかと思います。

 

Apple Watch SE(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド - レギュラー

新品価格
¥39,976から
(2022/9/19 16:53時点)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回の検証で、低電力モードオンの状態でどれくらいの時間使えるか分かりました。

圧倒的にバッテリー持ちが良くなるとは言えませんが、朝の段階でバッテリーが減っていた場合は低電力モードにすれば1日は持つかと思います。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

 

iPhone14 Pro Maxはストレージ性能が大幅強化か

はじめに

タイトル通りで、ストレージのシーケンシャルリード速度が1.6倍程度向上しています。

 

Max Techという海外のYouTuberがiPhone14 Pro MaxとiPhone13 Pro Maxの比較動画を投稿していて、発見しました。

iPhone13 Proシリーズは持っていませんが、14 Pro Maxについては自前のものでテストしてみたのでご覧ください。

 

ストレージ速度

私はAntutuでストレージ速度を測定してみました。

iPhone14 Pro Maxのストレージテスト(Antutu)

 

この写真にもあるように、シーケンシャルリード速度が1530MB/sとなっています。

動画で比較されていたiPhone13 Pro Maxはリード速度が930MB/sだったとのことなので、単純計算で約1.6倍向上していることになります。

 

 

iPhone13 Pro Maxと比較して大きくストレージ性能が向上したのはわかりました。

次はAndroidと比べてみましょう。

 

UFS(ユニバーサルフラッシュストレージ)を使うAndroidとは異なり、iPhoneはNVMeという規格のストレージを採用しているためAndroidとは単純比較出来ません。

iPhone14 Pro Maxのライバルになり得るGalaxy S22 Ultraのストレージ速度を紹介する動画があったので、見てみたところ、リードが1.9GB/s、ライトが1.7GB/s程度、ランダムアクセス性能もiPhoneより高速でした。

 

これだけ見るとGalaxy S22 Ultraの方が快適に使用できるのではないかと思ってしまいますが、iOSAndroidと比べて軽量であるというのはよく知られている話です。

実際に去年の端末であるiPhone13 ProシリーズとGalaxy S22 Ultraでアプリの立ち上げ速度を比較した動画が何本もYouTubeに上がっていますが、ストレージ速度が遅いはずの13 ProがS22 Ultraに勝ったり負けたりを繰り返していて実使用時には同等性能となっています。

つまり、13Proよりストレージ速度が速くなった14Proであれば更にアプリの起動速度など実使用面で使い勝手が向上していると予想出来ます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

Appleはこのようなサイレントアップデートをよくしてきます。

スピーカー性能についても発表会では全く言及されていませんでしたが向上しているようです。

少なくとも私が今まで所持していた11 Pro Maxと比べると雲泥の差で、11 Pro Maxのスピーカーが壊れていたのではと思うレベルでした。

比較用に、11 Pro Maxのストレージ速度をあげておきます。皆さんも「Antutu」というアプリで速度を測れるので試してみてください。

iPhone 11 Pro Maxのストレージ速度

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

画面に透明なウィンドウが見える時の原因と対処法【Windows】

はじめに

PCを使う上で気になるあれこれを解説。

今回は画面に透明な枠が出てきて消せないときの原因と対処法を解説します。

私も以前、PCを使っていて同じような経験があり壊れてしまったのではないかと心配していました。

しかし、原因の特定が出来まして無事に直せたので皆さんにシェアしていきます。

 

原因&対処法

原因は、裏で動いているソフトのポップアップが見えてしまっているからです。

 

たとえばWordやExcelなどのOfficeアプリで、四角いポップアップが出ることがあります。

Microsoft Office Home & Business 2021(最新 永続版)|オンラインコード版|Windows11、10/mac対応|PC2台

新品価格
¥34,452から
(2022/9/3 13:22時点)

このポップアップがでている状態でウィンドウの最小化などをしてしまうと、ウィンドウ自体は最小化されて見えなくなっているのにポップアップの枠だけが残り続けるという現象が発生してしまうのです。

このポップアップの透明な枠は全ての画面で見えるようになっているため、邪魔になります。

 

解決策は、最小化などで裏で動いているソフトを確認し、問題の位置にポップアップが出ているものがあれば画面をクリックするなどしてポップアップを消せばOK。

 

昔はこんなこと発生した記憶が無いので、もしかしたらWindows11で新たに発生したバグかもしれませんね。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ポップアップが原因ということで、PCが壊れていなくて安心した方もいらっしゃるかと思います。

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

AMD Noise Suppressionの致命的な欠点

はじめに

やっとRadeon陣営垂涎の音声ノイズ除去機能がキター!と喜んでいたのもつかの間、致命的すぎる欠点を見つけてしまいました。

他の人もこれに気づいてるのかな?そもそもRTX Voiceでもこの欠点があるのかな?など疑問は浮かびますが、紹介します。

 

環境

参考までに私のPC環境を一部載せておきます。

  • Ryzen9 5900X
  • Tuf Gaming B550 Plus
  • Radeon RX6800XT

PowerColor AMD Radeon RX 6800 XT搭載 グラフィックスカード オリジナルファンモデル RED DRAGON [AXRX 6800XT 16GBD6-3DHR/OC]

新品価格
¥80,935から
(2022/9/2 21:41時点)

 

致命的な欠点とは

致命的な欠点とは、ズバリ

「音声遅延」

です。声を発してから向こうに聞こえるまでの遅延が体感で倍くらい違います。

まあ、音声を1回GPUに持って行って処理しているので、そりゃ違うでしょとなるのですが、にしてもゲーム用の機能でもあるノイズキャンセルで遅延が大きくなるのは致命的と言わざるを得ません。

 

そもそもこの欠点に気づいた経緯をお話ししますと、最近マイクを新調しまして2台のPCを使って同時にTeamsやZoomに入りマイクごとの音質の違いを確認していたことが発端です。

普通に接続しているマイクでも私が喋ってから 0.2 秒程度のラグが発生していたのですが、AMD Noise Suppressionに変更すると 0.5 秒程度と明らかに違いが分かるレベルで遅延が増したのです。

Zoomはともかく、TeamsであればAMD Noise Suppressionにしてもそこまで音質が悪化しなかったので使おうかと思っていた矢先のことで大分ショックでした。

 

正直Web会議でも遅延があると、何かの拍子で相手に悪い印象を与えかねないので、周りが騒音が酷いときを除いて私は使わないと思います。

 

Sapphire PULSE Radeon RX 6500 XT GAMING OC グラフィックスボード 11314-01-20G VD7958

新品価格
¥20,525から
(2022/9/2 21:40時点)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

期待していた機能なだけに少し残念ですが、FPSのような秒単位の反応がいるゲームはそこまでないので、適材適所で使っていけば良いのかなとも思います。

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。