シュミシュミット通信

ガジェット系(スマホ、パソコン、イヤホンなどなど)

ゲームをフルスクリーンにするとカクつくときの原因と対処法

 

はじめに

強いスペックのPCを買ってやることといえば大抵はPCゲームでしょう。

しかし、なぜか強いPCを買ってもゲーム画面がカクつくことがあります。

FPS表示でもフルスクリーンにすると低下しているのが確認出来るはずですし、体感ではそれよりも悪く感じるでしょう。

私自身、たいした負荷でもないゲームがフルスクリーンモードにしただけでカクついてしまい悩んでいました。

 

今回はフルスクリーンモードにしたときだけ画面がカクついてしまう原因を特定しましたので、皆さんにシェアするとともに解決法も合せて紹介します。

 

原因

ズバリ、原因は「垂直同期」です。

 

 

垂直同期はモニターとパソコンそれぞれが対応することで動作する機能です。

ディスプレイのリフレッシュレートに合せてGPUが画像データを送ることでテアリングとよばれる画面が波打つ現象が発生しないようにしています。

 

例えば、比較的軽めのゲームをプレイしていてGPUからは200Hz (200fps)のリフレッシュレートの画像データが送られる状況を想像してください。

f:id:syumischmidt:20211204013949p:plain

GPUから高リフレッシュレートのデータが転送されると・・

この状況で出力側のモニタは60Hzまでしか対応していないと、モニタ上で60Hzまで落とす必要があります。

この際に、画面内で前のコマと次のコマが一緒になって表示されてしまうことがあるそうで、これをテアリングと呼びます。

 

垂直同期ではGPUからの出力をモニタのスペックに合わせて調整することで、テアリングの発生を抑える効果を狙っています。

f:id:syumischmidt:20211204014421p:plain

GPUとモニタを同期

 

しかし、逆にGPUの性能が低い場合や何らかの不具合があるとモニタが表示したい画像がGPUから送られてこず、モニタからはカクついた画像が出てくることになってしまいます。

 

対処法

対処法は簡単で、「垂直同期機能をオフにする」だけ。

 

主に3つの垂直同期設定があるので一緒に見ていきましょう。

 

ゲーム内設定

ゲーム内設定から垂直同期のオンとオフを切り替えることが出来ます。

まずはここをオフにしてカクついたままかどうかを見てみましょう。

 

GPUドライバの設定

これでもあまり改善しない場合はGPUドライバの設定をいじってみましょう。

ドライバ内にゲーム毎に個別に設定を変更できる項目があるはずです。

 

そこに垂直同期の設定があるので、それを「オフ」にしてみましょう。

私はRadeon系を使っているため、AMD FreeSyncが垂直同期に該当する設定となっています。

恐らくNvidiaRadeonも初期設定では「適応」や「最適化」などになっているはずです。

 

この設定でかなりカクつきは抑えられるはずです。

 

モニタ設定

ここまでしてもまだ若干カクついているように見える場合は最後の設定項目、モニタの設定です。

 

モニタの設定から垂直同期をオフにしてみましょう。

これで恐らくカクつきは無くなっているはずです。

 

おわりに

私の場合は上記の設定でフルスクリーン時のカクつきが無くなりました。

同様の症状で悩まされている方の参考になれば幸いです。

それでは。

LTspiceはm1 Mac対応かどうか

はじめに

M1 Pro搭載のMacbook Proを購入しました。

これにより、私の作業環境は家でWindows、出先ではMacという2台体制となります。

 

今回、私がApple Silicon搭載のMacを購入するに当たって不安に感じたのは私が使いたい各種ソフトがM1(Apple Silicon)に対応しているかどうかです。

私は現在の作業環境ではシミュレーションや計算系のソフトをよく使うのですが、その中でも電気回路をシミュレートするLTspiceの対応がよく分かりませんでした。

 

互換性を確かめるサイトではRosetta2上での動作が確認されているといった表記がされていたのですが、実際にインストールしてみたら少し違ったのでお伝えしていきます。

 

M1に対応

下に貼ってあるスクショを見ても分かりますが、LTspiceintelアプリではなくUniversalアプリでした!

f:id:syumischmidt:20211128210247p:plain

LTspiceの情報画面

 

Universalアプリなので、intelMacではintelに最適化された動作をしてM1をはじめとするApple Silicon MacではM1系に最適化された動作をするという賢いアプリになります。

 

そのため、Rosetta2ベースでしか動かないintelアプリと比べてバッテリー持ちやパフォーマンスの面で有利に働きます。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

海外のサイトにはRosetta2ベースで動くと書かれており、更新もあまり期待できなかったため半ば諦めていたのですが、Universalアプリということでかなり満足です。

むしろ、大企業であるMicrosoftのOnedriveアプリの方がM1対応が遅れているのが辛いところ。

それでもM1が出てから1年以上経っているので、ちょうど対応が遅いアプリもM1対応を果たす時期と言えます。逆に言うと現時点で対応予定などの発表が出ていないアプリはこれからもしないでしょう。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

ChromeリモートデスクトップでPINが入力できない原因と対処法

はじめに

遠隔地から家のパソコンにアクセスしたり、家からリモートで職場のパソコンにアクセスするなどChromeリモートデスクトップはとても便利なサービスです。

しかしこの記事を開いたということは、いきなりPINを入力できなくなってしまったということでしょう。

 

f:id:syumischmidt:20210915204338j:plain

原因が分からないとつらい

 

PINを入力しようとすると現在が全角か半角かを示す部分が×印になって「IMEが無効です」と表示されます。

こうなると、なぜかキーボードを打っても反映されず当然パソコンに接続できなくなります。

 

f:id:syumischmidt:20211125223541p:plain

こうなりますよね

今回はこの「PINを入力出来ない問題」が発生する原因と対処法について解説します。

 

原因

さっそく原因をお伝えします。

 

原因はズバリ、

PINが数字のみだから

です。

 

Windowsのログイン画面でも、パスコードを数字のみに設定している場合はアルファベット入力が出来ません。

それと同様にChromeリモートデスクトップでも数字のみの入力になっているため、キーボードを押しても反応しないのです。

 

対処法

対処法は簡単。

以前設定した、「数字のみで構成されるPIN」を思い出すことです。

 

数字のみの入力ということは、実際にPINが数字のみで構成されているということ。

以前設定した数字のみのPINを思い出すことが唯一の解決策です。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私自身も入力出来ない原因が分からず四苦八苦していましたが、ふとパスワードマネージャーを見てみると数字のみのPINがメモされており、数字キーを打ったところ難なく入力が出来ました。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

PS5のコントローラーはUSB2.0?USB3.0?解説します【DualSense】

はじめに

f:id:syumischmidt:20211118143444p:plain

PS5コントローラーのUSBバージョンが気になる

PS5には様々な機能を搭載したDualSenseコントローラーと接続用ケーブルが付属しています。

しかし、ケーブルの長さが足りない時は自前で長いケーブルを用意したいところ。

また、PS4用のサードパーティ製のコントローラーとケーブルを使い回ししたい場合もあるでしょう。

 

そこで気になるのはDualSenseのコネクタのUSBバージョン。

USB2.0USB3.0USB3.1などでは10倍以上違うため、下手に悪いものを選んでしまうと本来の性能が発揮できないのではと不安になりますよね。

DualSenseの場合はType-Cの端子となっており、どのバージョンかわかりにくいこともあります。

 

今回はソニー公式の情報などを集めてPS5用コントローラーであるDualSenseのUSBのバージョンを突き止めましたので皆さんとシェアします。

 

DualSenseのUSBバージョン

早速結論から言うと、DualSenseのコネクタのUSBバージョンは2.0で確定です。

 

根拠は2つありますのでそれぞれ見ていきましょう。

根拠1

1つ目はソニー公式の「PS5のUSB端子サポート」ページです。

以下が該当ページのリンクです。

www.playstation.com

 

このページの中央付近にそれぞれの機器ごとにどのUSB端子を使えば良いか書かれています。

その中の「ワイヤレスコントローラー」のタブを見てみると、下に貼った写真のように「PS5のUSB端子すべてに対応しています」と書かれています。

 

f:id:syumischmidt:20211118142327p:plain

ワイヤレスコントローラーが対応しているUSB端子について

 

PS5のUSB端子にはUSB3.1相当が3つとUSB2.0(Hi-Speed USB)相当が1つ搭載されています。この中の全てに対応しているということなので、DualSenseのUSBバージョンはUSB2.0であると言えます。

 

根拠2

2つ目の根拠はPS5に付属しているUSBケーブルのバージョンです。

PS5にはDualSenseと接続するためのUSBケーブルが付属しているのですが、このバージョンがUSB2.0となっています。

Sony公式ライセンス品としてDualSense専用ケーブルがamazonに出品されているので下にリンクを張ります。

【PS5対応】DualSense™ワイヤレスコントローラー専用 充電USBケーブル for PlayStation®5【SONYライセンス商品】

新品価格
¥1,318から
(2021/11/18 14:29時点)

 

上に貼ったリンクから商品を見て貰うと分かると思いますが、USB2.0規格準拠と書かれています。

そのため、DualSenseのUSBバージョンはUSB2.0であると言えます。

 

結論

DualSenseはUSB2.0規格で動く。

 

以上です。

更に言えば、最新世代であるPS5のコントローラーでUSB2.0なので、今までのPS4以前のコントローラーであるDualShockシリーズもUSB2.0以下で動いていると言えます。

 

USB2.0であれば安いケーブルや様々な素材のケーブルなどが発売されていますので、自分の好みに合わせて選べるでしょう。

【純正品】DualSense ワイヤレスコントローラー ミッドナイト ブラック (CFI-ZCT1J01)

新品価格
¥6,300から
(2021/11/18 14:35時点)

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

【OC】空冷&RX6800XTの「レイジ」で性能は上がるのか?検証

はじめに

最近PCを組んだ。

現状考えられる中でパフォーマンス重視かつ若干コスパ考慮の強構成にしたのだが、なんでもRX6800xtとRX6900xtはレイジモードが存在するとのこと。

 

レイジモード(Rage)は製品保証の範囲内でオーバークロック(OC)する機能のこと。

通常、ソフトからオーバークロックしようとすると警告表示などが出てエンドユーザーライセンス契約を結ぶ必要があるが、レイジモードでは何の表示も出ない。

気軽かつ安全に性能を向上させられるなら良いじゃないか、と思ったが一方で製品保証の範囲内と言うことは大して性能が上がらないんじゃないかという疑問がわく。

 

特に、私の場合はCPUクーラーとして空冷を選択していたため、GPUの発熱が無駄に増えるとCPUが冷えにくくなることで却って全体としてのパフォーマンスが低下してしまうのではないか?

 

そこで、今回は実際に3D MARKのTime Spyをレイジモードオンとオフの状態で動作させ、結果を比較していく。

 

環境

CPU : ryzen9 5900X (定格)

GPU : Powercolor RED DEVIL   Radeon RX6800XT

CPUクーラー:AssasinⅢ(アサシン3)

マザーボード:TUF GAMING B550-PLUS

室温:約25℃

 

結果

まずは定格でGPUを動かしたときの結果。

f:id:syumischmidt:20211108232920p:plain

GPU定格時

次にチューニングモードをレイジ(Rage)に設定したときの結果。

f:id:syumischmidt:20211108233011p:plain

GPUレイジモード

 

注目して欲しいスコアは3つ。

  • Time Spy スコア (左上)
  • グラフィックスのスコア(中央上)
  • CPUスコア(グラフィックススコアの下)

まず、レイジモードにすることでシステム全体の性能は間違いなく向上した。

スコアの内訳であるグラフィックスとCPUのスコアを見てみると、グラフィックスのスコアが向上したのに対して、CPUスコアは低下してしまっている。

 

これは、GPUから発生する熱によってCPUの温度が上がってしまっている事を表している。

Open Hardware MonitorでCPUのパッケージ温度とGPUの温度、GPUファンの回転数を見てみたが、更にはっきりと温度が与える影響についてわかる。

 

定格時のCPUパッケージ温度は最高で87℃であったのに対し、レイジモードでは88.4℃出ていた。1.4℃の差とはいえ、確実にGPUの温度がCPUに影響を与えている。

GPU温度についても同様で、定格時には最高でも75℃前後出会ったのに対しレイジモードでは81℃まで最高温度が上昇していた。

GPUファンの回転数をみても、定格時は最高で1900rpm程度だったのに対しレイジモードでは2277rpmまで回転速度が上がっていた。

 

以上が比較した結果である。

まとめると、高グラフィック性能が要求されるゲームを遊ぶ際はレイジモードオンが良いだろう。

一方でシミュレーションゲームなどCPU性能が重要なゲームやアプリケーションではGPUを定格に戻すことも検討して良いだろう。

 

設定自体は非常に簡単で文字通り一瞬で切り替わるので色々試してみて欲しい。

PowerColor AMD Radeon RX6800XT 搭載 グラフィックボード オリジナルファン [ AXRX 6800XT 16GBD6-3DHE/OC ]

新品価格
¥187,610から
(2021/11/8 23:46時点)

 

まとめ

いかがであろうか。

気軽かつ安全にOCできるツールとしてはレイジモードはお勧めできると考える。

また、空冷のクーラーを使用していても間違いなくGPU性能は上がるため、グラフィック性能が欲しい際は空冷クーラーを使用している人であってもレイジモードをオンにして良いと考える。

 

一方で、室温がさらに高くなりやすい夏場などは排熱にさらに気を遣う必要があるだろう。

とくにCPUに熱が伝わってしまう現象については空冷クーラーを使用している以上は避けられないため注意。

 

この記事がお役に立てれば幸いである。

それでは。

 

現行のiPad Proは可変リフレッシュレートかどうか【Apple公式情報】

はじめに

この前発売されたiPhone13 Proシリーズ、様々な点が進化していますが、個人的に一番気になるのは画面のリフレッシュレートです。

 

iPad Proと同じ名前であるProMotionディスプレイを搭載しており、120Hzのヌルヌル画面を楽しめます。

加えてリフレッシュレートを動的に調整する(記事を読んでいるときなどの画面停止中はリフレッシュレートが10Hzまで下がる)ため、ディスプレイが消費する電力も前機種と比べて良くなっているそう。

 

ここで疑問に思うのは、「iPad ProのProMotionテクノロジー」はリフレッシュレートが可変になっているのかどうか。

120Hzになっているのは目で見てすぐに分かりますが、必要ない所でリフレッシュレートが調整されているかどうかは目で判別できません。

Appleの製品情報ページにも120Hz対応とは書いていますが、iPad Proが可変リフレッシュレート(アダプティブリフレッシュレート)だと書いている文は見当たりませんでした。

 

しかし、英語版ですがApple公式の開発者向けサイトに該当する記述を見つけたので、皆さんに共有したいと思います。

 

iPad Pro の ProMotion は・・・

結論から言います。

iPad Pro の Pro Motion は・・・

 

可変リフレッシュレートです!!

 

ただし、iPhone13 Proには劣ります。

どういうことか、詳細をApple公式の開発者向けサイトとともに見ていきましょう。

 

情報ソースのページ  ↓

Apple Developer Documentation

 

原文は英語かつ関係ない情報も混じっているため、該当箇所を切り出したものを下に貼り付けました。

f:id:syumischmidt:20211016002215p:plain

ソース記事の該当箇所スクショ


上に貼ったスクショを見るとわかるように、iPhone13 ProとiPad Proの両方が可変リフレッシュレート(Variable refresh rate)に対応しています。

ただiPhoneiPad の違いとして、iPhoneは最低が10Hzまで対応しているのに対して iPadは24Hzまでの対応となっています。

 

補足すると、スクショの括弧内に書いてある 「~ms」 は画面の更新タイミングの秒数を表しています。「ms」はミリ秒のことです。

120Hzの時は8ミリ秒毎に画面を更新し、24Hzの時は41ミリ秒、10Hzのときは0.1秒ごとに画面を更新していることをあらわしています。

画面を頻繁に更新するほどなめらかに動くわけですが、その分だけ消費電力が大きくなります。

 

なお、上記の可変リフレッシュレートの仕様は今後の新製品などで変わる可能性があります。ご了承ください。

 

2021 Apple 11インチiPad?Pro (Wi-Fi, 256GB) - シルバー

新品価格
¥106,800から
(2021/10/16 00:38時点)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私個人としては、持っているiPad Proが可変リフレッシュレートに対応していることがわかってよかったです。

 

この記事がお役に立てれば幸いです。

それでは。

 

 

 

 

【AirPodsPro】ノイキャンや外音取り込みが突然乱れる原因

はじめに

AirPodsPro、便利ですよね。

外の雑音を消すノイズキャンセル機能や、逆にイヤホンをはめていないのと同じような状態にする外音取り込み機能など「音」に関連するさまざまな機能が搭載されています。

 

そんな便利な機能ですが、外を歩いているときなどにたまにノイキャンや外音取り込みが乱れる現象が発生することはありませんか。

せっかく良い機能なだけに、そうした現象が発生してしまうと台無しです。

 

しかし、すぐに故障と決めつけるのは早計です。

AirPodsProの仕様としてそういう挙動をとる場合があります。

 

そこで、今回は故障じゃない状況下においてノイキャンや外音取り込みが乱れて正常に作動しなくなる現象の原因や解決策などについて書いていきます。

 

原因

原因はズバリ、

高音域の音が周囲で鳴っている。

です。

 

AirPodsProのノイキャンを使っている人ならわかるかもしれませんが、AirPodsProは高音になるほど打ち消しにくくなるという傾向があります。

それがさらに高音になるとノイキャンや外音取り込み機能自体が不調になるということです。

 

このような高音が街中で発生する状況としては、車や自転車のブレーキが考えられます。

ブレーキが錆び付いていると高音の「キーッ」という音が鳴りますが、これがAirPodsProに影響を与えているのです。

 

対処法

残念ながら、街中を走っている車が出す高音への対処法はほとんどありません。ただ、街中の車は高いブレーキ音が鳴っていたとしても一瞬だけなのであまり気にする必要はないと思います。

 

一方で自分の車や自転車のブレーキが錆び付いている場合、油をさすなどの対処法が考えられます。

自分が乗っている乗り物のブレーキ音からは逃れられないため、気になる方は油をさすことをお勧めします。

(イヤホンを装着しながら自転車に乗るのはお勧めしません)

 

Apple AirPods Pro

新品価格
¥29,036から
(2021/10/13 17:06時点)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

おそらく、ほとんどの場合は上記の原因に書いたような高音がノイキャンの乱れの要因になっていると思います。

 

この記事がお役に立てば幸いです。

それでは。